《治験ボランティアは怖い?》元研究者が体験した治験バイトの実態とは。

《治験ボランティアは怖い?》元研究者が体験した治験バイトの実態とは。

注射針

どうも。健康食品会社の元研究員のりょうです。

今回は治験のアルバイトについてご紹介します。

治験のアルバイトというと、グレーなバイトなどと言われています。

その理由としては、高額なお金がもらえること、また、副作用の危険性などから怖がられてそのように言われているようです。

では、その実態はどのようになっているのでしょうか?

実際に体験してきましたので、その内容をご紹介します。

(※守秘義務の観点から、治験の薬や施設の内容がわかる内容については記述を控えさせていただきます)

治験とは

薬の錠剤

通常、薬は市販品になるまでに10年以上、開発に時間がかかっています。

それは、薬が創られる時に、数多くの安全性に関する試験や、効果に関しての実験が行われているからです。

治験の位置付け

血清を分離する女性

治験はその試験の中でも、動物試験を終えてヒトでの試験が認められた段階になって行われる臨床試験です。

薬が実際に市販されるまでの段階は次のようになっています。

 

基礎研究(2〜3年)

非臨床試験(3〜5年)

臨床試験(=治験、3〜7年)

厚労省による審査(1〜3年) 

治験の目的

そのため、治験は以下の2つのことを目的として行われます。

 

 

●「くすりの候補」が人に対して本当に効き目があるのか?

●「くすりの候補」が人に対して安全なのか?

 

 

治験ボランティアとは

そして治験ボランティアとは、その名の通り、市販される前の「くすりの候補」を実際に試してみるボランティアのことです(ボランティアと言われますが、私が参加した治験は報酬がもらえるものです)。

実際、治験は3種類あり、フェーズ1〜3の段階があり、それぞれにボランティアが必要になります。

 

フェーズ1:少数の健康な成人に対して「くすり候補」の作用を調べる

フェーズ2:安全が確認された「くすり候補」について、少数の患者さんを対象にくするの安全性と有効性などを調べる

フェーズ3:大勢の患者さんを対象に試験を行い、フェーズ2で得られた結果を確かめる

 

私が参加したのは、一般に募集されている健全者向けのフェーズ1の治験になります。

治験までの流れ

そんな治験の流れですが、流れは次の2つの段階で行われるのが主です。

 

1:電話やネットでの応募

2:健康診断

 

電話やネットでの応募

電話とネット

まずは電話やネットで応募します。

応募は、facebookやインターネット広告会社からすることもできますが、私は直接公式サイトから応募しました。

わざわざ、仲介業者を挟む必要もありませんし、そのような会社を儲けさせる必要はありません。

健康診断

治験の健康診断

治験の数週間前には健康診断が行われます。

健康診断には私の時は、実際に治験をする人の倍以上の人が来ていました。

その場で、健康診断が行われ、投与する薬の説明や、副作用、治験の流れ、報酬について詳しく説明を受けます。

健康診断は、交通費をもらえる上、かなりしっかりしてもらえます。

また、私の場合、元化学専攻で、健康食品会社にいたこともあり、薬に使われる化合物も知っているものだったので、俄然興味が湧いて来ました。

※また、私が参加した治験ボランティアでは、外国では先に治験がされていること。また、その時に後遺症などはなく、また副作用も軽微であったことが私が参加を決めた理由でもあります。

治験体験談(臨床試験)

病室

臨床試験(治験)については、2日ほどで終わるものから50日くらいで終わるものまで、さまざまなものがあります。

私は1週間ほどで終わるものに参加してみました。

臨床試験中は、飲み薬を飲んで、定期的に健康診断を受けます。

注射の回数

他の方も言われている通り、採血が多い日もありますが、多くても針を刺すのは1日に2回でした。

投薬初日は、採血が1日に15分おきにありましたが、そのような時は留置針とよばれる針をします。

留置針は、腕に針を刺したまま使用するもので、点滴の時などに利用されますが、これは抜き刺しの時以外は全く痛くありません。

態勢を固定しないといけない時もありましたが、私には苦ではありませんでした。

漫画が読み放題

ワンピースのフィギュア

他の方も言われている通り、漫画が読み放題です。

人間の精神は、何もない環境では3日ほどで崩壊してしまうと言われているからか?漫画が充実しています。

また、DVDやゲームをすることもできます。

私の参加した場所では、漫画は少年漫画に偏っていました。

ワンピース、ハンターハンター、バガボンド、BLEACH、亜人、ゴールデンカムイ、宇宙兄弟、ジョジョ、進撃の巨人などなど

特に欠けているものもなく、全巻楽しめます。

治験の被験者は女性もいるのですが、少女漫画は見当たりませんでした。

WIFI

私が治験に参加した施設では、とてもWIFIの環境がよかったです。

そのため、パソコンや動画をみるのも楽々でした。

昔の時代の治験に比べると現代はとても快適になっているように思います(私の参加は今回が初めてですが)。

食事

食事は3食決まった時間に食べることになります。

特に投薬の食事では、正確に食べ始めと食べ終わりの時間が決められていたのには驚きでした。

ペースをうまくコントロールして食べるため、早食いせず健康的です。

また、食事は栄養士の監修もあるとのことで、栄養バランスも比較的よかったように思います。

睡眠

入眠と起床の時間がしっかり決められているので、ちゃんと睡眠をとることができます。

強制的に寝かされるという感じでしょうか。

複数人で同部屋になりますので、いびきなどがうるさい人がいると長期間だと大変そうです。

私の場合はそのような人はいませんでした。

運動

とても健康的な生活を送るイメージの治験ですが、運動についてはあまり健康的ではありません。

なにせ1日中室内にいるので、ほとんど運動することがないです。

勝手に外に出て、適当なものを食べられると試験にならないからでしょう(容態が急変しても問題ですし)。

うろついたり、体操をすることはできますが、明らかに運動量は少ないです。

看護婦さんからは、中性脂肪をとらないようにゴロゴロしすぎないは推奨されています。

他の参加者

最後に気になる他の参加者についてですが、私の回では、真面目な人が多かったです。

勉強をしたり、本を読んでいる人が多かったのですが、これは選ばれた参加者によるのでなんとも言えません。

私の時は、他の参加者に迷惑をかけたり、禁止されているタバコを吸ったりという人はいませんでした。

みんな、静かに淡々と過ごしているという感じでしょうか。

治験に参加するメリットとデメリット

試薬

最後に私が考える治験に参加するメリットとデメリットをご紹介します。

治験に参加するメリット

治験に参加するメリットは次の通りです。

 

●健康診断を受けることができる

お金をもらってゆったりとした日々を過ごすことができる

身の回りのことは全てしてもらえるので、読書や勉強に集中できる

●薬ができるまでの過程に携わり貢献できる

 

自己管理ができない人には、管理された生活で健康的になれるのかもしれません。

治験に参加するデメリット

また、治験に参加するデメリットは次の通りです。

 

治験開始の当日まで参加することが確定せず、予定を空けておかないといけない

●運動不足になりがち

●副作用のリスク

●他の応募者から迷惑を被るリスク

 

最後に

いかがでしたか?

今回は、私が体験した治験のボランティアについてご紹介しました。

治験ボランティアと聞くと、「裏バイト」「怖い」というイメージを持たれている方もいるかもしれませんが、私は薬ができるのには必要な大切な仕事だと思います。

副作用のリスクは確かにありますが、事前の健康診断の際に、実際に投与される薬について過去の知見を全て教えてもらえます。

納得した場合のみ参加してみれば良いかと思います。

シトルリンカテゴリの最新記事